マンガを描く技術を身に付けたいなら|専門学校に通うべし

プロを目指すための一歩を

勉強

マンガの専門学校のおおよその相場は1年間で100万円前後となっており、これには授業料のほかに教材費や施設費、健康診断などの費用が含まれています。なお、学校の評判が気になるときは体験授業や学校説明会などに参加してみるのがオススメです。生徒の作品や授業風景、学校の雰囲気などを感じることができますよ。

詳しく見る

オススメ記事

Menu

専門的な仕事を求める

イラストを描く人

マンガの専門知識を身につけたい人は専門学校に入学します。申し込みの前に学費や選択できる学部から学校を絞り込みます。その後、入試に受かって初めて入学することができるのです。一般的な入試では書類審査や面接、そして筆記試験を行います。

詳しく見る

プロデビューを目指すなら

勉強道具

マンガ家になるための知識・技術を身につけるためには、専門学校に通うことが近道となります。分からないことを自力で調べるのは非効率的です。その道のプロに教わることで、ライバルに差をつけることができるでしょう。

詳しく見る

作品を創るために

漫画

マンガ制作には専門的な知識が必要ですが、専門学校に入学すればそうした必要なことを学べます。また専門学校には現場で働いている編集者が作品を見に来てくれますので、デビューに向けて多くのチャンスに恵まれます。自分が必要とするコースのある専門学校に入学しましょう。

詳しく見る

基礎力から就職まで

勉学

マンガ家としてデビューするためには、さまざまな方法がありますが、専門学校に入学すると基礎的な力が身につきます。また、専門学校では、マンガ家としての経験がある講師から、アドバイスを受けることができます。他にも、専門学校には、学生がマンガ家として活躍できるために、活用できるものが多くあります。

詳しく見る

自分に合う雰囲気の学校を

漫画

体験入学などを活用して

マンガ家になるには、独学でコツコツと行うというのがこれまでの一般的なルートでした。ですが、近年は専門学校でマンガ・アニメコースを揃えるところも増えてきています。マンガの基本であるデッサンやイラストの技術を専門学校で学ぶことで、より魅力的な絵を描くことができるようになり、読者に訴えかける力も強くなるためです。中には画力が低くてもストーリーやアイデアがよければよいマンガになるという考え方もありますが、やはり最低限の表現をするために画力があるに越したことはありません。画力があればより多様な表現ができるようになり、よりバラエティーに富んだ訴え方ができます。そのためにも、専門学校などを使って画力を高めるというのは一つのルートといえます。専門学校を選ぶときは、学校の雰囲気が自分に合うか確認してから選びましょう。雰囲気を確認するためには体験入学などを利用して実際に学校を見たり、在校生と会ったりするのが一番です。特に実際に授業を受けられる機会があれば是非活用しましょう。講師の雰囲気、授業の雰囲気、生徒の雰囲気など様々なことがわかります。講師の質も重要なポイントです。講師がどのような経歴なのかは必ず確認すべきです。マンガコースなのにマンガについて詳しくない人が講師だったら有用な情報が得られないおそれがあります。基礎デッサン力は身についても、写実的であればよいというものではありません。きちんとマンガのことについて学べるか確認しておくとよいでしょう。