マンガを描く技術を身に付けたいなら|専門学校に通うべし

Menu

基礎力から就職まで

勉学

活躍できる素地が固まる

マンガ家になるためには、さまざまな方法があります。アシスタントになって、技術を身につける方法もあると同時に、賞などに申し込んで、知名度を上げる方法もあります。しかし、確実にマンガ家になることができる方法は、マンガ関係学科がある専門学校を卒業することです。専門学校に入学すると、デッサンやストーリー構成、キャラクターの書き方など、基礎的なことから学ぶことができます。また、マンガ家として活躍した経験がある、講師からアドバイスを聞くことができるのも、専門学校の大きな魅力です。専門学校の多くは2年制で、入学時に専攻を決める必要があります。しかし、一部の専門学校では、1年次は基礎科目を学び、2年次で専攻を再び決めることが可能です。そのため、入学してから方向性が変化しても、対応することができます。マンガ家になるための専門学校では、新人賞などの受賞を目指すことが多いです。賞を受賞すると、週刊誌などに読み切り連載ができるようになり、学生の間にプロデビューすることも可能です。また、仮に賞を取ることができなくても、専門学校では就職サポートが充実しており、アシスタントとしての紹介などが行われています。専門学校に入学するためには、高校を卒業しているか、高等学校卒業程度認定試験に合格している必要があります。また、マンガ関係の学科がある専門学校は、多くのケースで私立であり、学費は安くありません。しかし、確実にマンガ家として活躍するための、基礎力が専門学校では身につきます。