プロポーズに欠かせない婚約指輪|幸せを手に入れる

購入方法と特徴

指輪

リーズナブルな方法

一昔前は婚約指輪といえば「給料3か月分」が相場とされていました。ただ、現代ではリーズナブルに済ませようという動きがあります。例えば、男性の母親から譲り受けるという方法があります。婚約指輪は結婚指輪と違って長期間身に着けるものではないため、婚約期間だけ身に付けた後はそのまま保管されていることが多いです。そのため、劣化は少ないので、きれいな状態で譲ることは可能です。この方法だと費用が掛からないメリットがあります。ただ、気になる方は譲り受けたものをリフォームしてから渡すという方法もあります。この方法であれば婚約指輪をリーズナブルに済ませることが可能です。このようにリーズナブルに済ませる方法はまだまだ一般的ではありませんが、今後この方法を活用する人は増える見通しです。

起源と特徴

婚約指輪とはプロポーズの際に男性が愛の証として女性に贈る指輪のことをいいます。婚約指輪の起源は古く、古代ローマではすでに男性から女性に指輪を贈る文化があったといわれています。また、日本には明治時代に外国からこの文化が伝わったとされています。ただ、結婚には結婚式や結婚指輪などで多額の費用が掛かるため、あえて婚約指輪を購入しないという選択肢もあります。女性からしてもプロポーズから結婚式までしか身に着けることがない婚約指輪よりもネックレスや時計のように長く身に着けるものを婚約指輪の代わりに欲しいという方もいます。そのため、プロポーズの際には指輪にこだわらずに二人で相談して決めることをおすすめします。