マンガを描く技術を身に付けたいなら|専門学校に通うべし

Menu

プロデビューを目指すなら

勉強道具

その道のことはプロに聞く

マンガ家になりたいという方は、まずは好きな漫画家の真似から始めているものでしょう。しかし、それだけでは漫画家にはなれません。現在のマンガには非常に高度なテクニックがいくつも駆使されており、見様見真似では習得できない技術も数多くあります。紙とペンさえあればマンガが描けた頃とは違い、パソコン上での作業も増えています。どんな道具を使えば良いのか、ストーリーはどうやって考えるのか、プロデビューまでの道のりはどのようになっているのかといった基本的な知識から、具体的で専門的な知識まで、専門学校でならば、体系的に学ぶことができます。最短距離でマンガを学びたいのであれば、専門学校に入学するのが得策です。勉強であれば学校で先生から教わるのが近道であるように、何か知識を得たいときは、その道のプロに聞くのが一番です。分からないことを何時間もネットで検索したり本を読んで調べたりするくらいなら、お金を払ってでも専門学校でマンガ家になるために必要な知識を仕入れることで、調べものに費やしていた時間を技術の向上やストーリーの構想に当てたほうが、プロデビューの確率は上がります。本気でマンガ家になりたいのであれば、無駄な時間を使っている暇はありません。ライバルは数多く存在しています。効率良くマンガを描くための環境を整え、マンガを描くために必要な知識・技術を磨いて、ライバルに差をつけなければなりません。専門学校はそのための一助となるでしょう。