プロポーズに欠かせない婚約指輪|幸せを手に入れる

プロポーズされたら

男性と女性

愛される理由

婚約指輪とは、婚約したことを証明するために男性から女性へ送られる指輪です。ワイドショーに出てくる有名人が「私、婚約しました」とカメラに向けて指輪を披露するシーンを見たことがある人も多いでしょうが、そのときに映る宝石つきでまばゆい光を放っているのがそれです(エンゲージリングとも呼ばれています)。婚約指輪に使われる宝石は一般にダイヤモンドです。これは「永遠に輝きを喪わないように」という願いが込められたものでして、婚約者が愛情を形で示したものだと言えます。日本では明治以降に導入された文化でして、その発祥は紀元前のローマにまでさかのぼると言われています。男性が女性に対し誠意や愛情を示す形は、この頃から決まっていたと言えましょう。

最近の主流

婚約指輪は一昔前はその相場が「給料の三ヶ月分」だと俗に言われてきました。ですが、これは現在のところあまりあてはまりません。価値観が多様化したのもさることながら、「一生に一度の思い出になるのだから」と婚約指輪を手作りするカップルが最近は増えているからです。婚約指輪を手作りするメリットとしてあげられるのは、「世界でただ一つのオリジナルの指輪を作成できること」にあります。よくできた既存品を二人で選んで購入するのも思い出作りに役立つのですが、「愛の象徴」にオリジナル性を求めたいと考える人には、やはりこの方法が魅力的に映るようです。最近はカップルのそうした要望に応えるため、オーダーメイドで指輪を制作してくれる業者も増えていますから、費用や装飾などは各業者に問い合わせ、納得のいく結論を出すとよいでしょう。