マンガを描く技術を身に付けたいなら|専門学校に通うべし

Menu

作品を創るために

漫画

学ぶ意欲を満たす

マンガ制作にはパースの理解や原稿用紙の使い方など特殊な知識が必要になります。教則本では分からないことを理解するために最も便利なのが専門学校です。専門学校にはマンガを描いた経験のある講師が在籍していますので、実際の現場で役に立つ情報を伝授してもらえます。マンガ制作はイラストレーションだけで成り立っているのではなく、キャラクター造形や物語も重要です。専門学校はマンガ制作全体に欠かせない勉強を教えてもらえますので、今まで作品を完成させた経験がない人でも安心です。また専門学校にはマンガ制作の現場で働いている編集者が作品を見に来てくれますので、自分一人で投稿や持込を続けるより多様なチャンスに恵まれます。特に単独での持ち込みは緊張しがちですが、専門学校の友達と一緒に足を運べば互いの総評を話して励まし合えるのです。入学する専門学校を選ぶ際は、自分の将来を視野に入れて探しましょう。マンガは分業化しても制作できるものです。専門学校によっては原作志望者のためにコースを用意している場所もありますから、絵が描けない方でも安心です。また絵も描けるし物語りも作れるけれどキャラクターが作れないと言う方は、キャラクターデザインコースを探すことで人物造形に関して学べます。マンガの専門学校に入学するのはプロになるためですから、あらかじめ各学校のデビュー実績を調べておきましょう。またアシスタント志望の方であれば、そうしたパイプのチェックも欠かせません。